虹の橋をわたって

  • 2016.07.17 Sunday
  • 19:53

 

わたくしごとになりますが

一緒に暮らしていた「くまたろう」が

7月10日

お星様になりました。

 

ネット上に動画や写真をあげてきましたが

それをすることももうないのかなと思うと本当に淋しいです。

 

バンドや音楽活動の事とは関係もないですし

くまたろうと私が一緒に過ごせたのは約1年ととても短い時間でしたが

くまたろうに少しでも癒されてた方がいたら嬉しいです。

 

直後はなかなか向き合う事が出来ませんでしたが

約1週間経って、「くまたろう」のことを書いておきたいなとおもって

今に至ります。

興味のある方だけ読んでもらえればと思います。

 

--------------

 

くまたろうは去年の七夕に我が家にやってきました。

 

元々知り合いが飼っていたキンクマハムスターで

訳あって引き取る事になって

来たときから体はでかかったんですけど

よりたくましくなって、動物病院の先生にも

ダイエットを薦められたり。

なんだかんだ甘やかしていたのかもしれません。笑

 

静かな回し車を購入したはずなのに

本当にうるさくて寝不足になったり

アコギを弾いてると外に出てきて

小屋の上でうたた寝してくれていたり

キャベツを食べるときの意味の分からない速さで

癒されたり笑ったり

あげたらキリがないくらい

短い時間でたくさんの思い出をくれました。

 

病気もしたり入院もして

本当に申し訳ない気持ちになったし

きっと「くまたろう」にとっては

ただのごはんをくれる人という認識だったのかもしれないけれども

私にとってはとても大切な存在でした。

 

 

9日。

名古屋から帰ってきた夜に体調が急変してしまい

翌日の10日のお昼

最期の最期は私の手の中で旅立ってゆきました。

思い出すと本当何回も泣いてしまうし

もっと一緒にいたかったな。って強く思います。

 

でも最後の最後まで一生懸命に生きようとしてました。

本当にありがとうって

伝えたい事はぜーんぶたくさん伝えておきました。

 

 

前に実家で飼っていた猫を看取ったときも思ったのですが

息を引き取った直後はまだ温かくて

だっこをしてもぐたっとしているのに

ほんの少しの間でこんなに冷たくて固くなって

まるで今までが嘘だったみたいに

「死」が目の前に現れるんです。

 

今回も本当にその瞬間はショックだったけども

なんだか、眠ってるみたいな顔だったから。

それに少し救われたのかもしれません。

 

お花と大好きなひまわりの種と一緒に

くまを火葬してもらいました。

 

火葬してくれた方が

 

喉仏の形って知っていますか?

しっかり残っているとこう、人が手を合わせて拝んでいるように見えるんですよ。

よく人の時に喉仏が綺麗に残っていると

感謝しながら亡くなられたんだねってよく言われているんですけど。

ハムスターって喉仏は滅多にのこらないんですけど

くまたろうくんは骨もしっかりしてて、喉仏もしっかり綺麗に残っていて

感謝していたんじゃないかなと思いますよ。

本当に残っている方が稀なんですよ。

 

と言っていただけて

 

くまたろうからしたらそんなこともないかもしれないし

もしかしたら

名古屋から帰ってくるまで待っててくれたのかな、とか

そう、全然ただのこじつけなんだけども

そうだったらいいなって思いたいだけなんだけども。

少し救われた気がしたんです。

 

 

お別れの直後はメンバーや色んな方に迷惑をかけてしまいました。

それでも寛大に許してくれたことに感謝です。

 

そしてくまたろうに出会えた私はとても幸せ者だと思います。

過ごした時間は短くても

くまたろうとの思い出は今後のわたしの人生の中でずっと生き続けます。

そんな素敵な思い出を持てる事はきっとかけがえのない事だと思うのです。

 

死を迎えたペット達の虹の橋というお話を

前に読んだ事があります。

きっと動物達だけじゃなくて

人間だってそうなんじゃないかなって思っています。

 

だから

虹の橋をわたっていつか逢いにいくときまで

どうか安らかに幸せでいてね。

そう願うばかりです。

 

 

くまたろうと過ごして

本当に動物と一緒に暮らすこと

勿論手間や時間はかかるのかもしれないけれども

だからこそ本当に愛おしいと思える瞬間が

私は素敵だなと思います。

 

当分は無理だけども

くまたろうと過ごしたように

またご縁があれば

どうぶつと一緒に暮らしたいなって思います。

 

そう思わせてくれたくまたろう

本当にありがとう。

 

ずっとずっと、だいすきよ。

 

 

 

selected entries

categories

profile

search this site.

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM