3歩進んで2歩さがる

  • 2018.03.15 Thursday
  • 22:53

なんとなく書きたいことはあるんだけども

Twitterだと長くなっちゃうしって思ったら

ブログがあったことを思い出した。

 

さて、このブログをこのまま使い続けてよいものか・・・

と迷いながらもかいちゃう。

そういう人間。

 

今日は慣れないことに挑戦をしていて

でもなかなか思うようにいかなくて

全然進んでないと1日が勿体無く思えちゃうんだけども

慣れてないことだから全然進んでいないように思えるだけで

少しずつ着実に前には進んでいると信じて

パソコンとにらめっこしてました。

 

意外とその物事だけに集中しすぎたり

視野がせまくなっちゃうと辛くなっちゃったり

うまくいかないことにイラっとしたり

そう、あまり器用じゃないんだけど

少しずつ自分がパンクしないように、みたいな

逃げ道じゃないけど気分転換の仕方を

最近は覚えてきた気がするんです。

 

きっとみんなも全然なんだかなみたいなことがあると思うのだけど

疑問に思った時点の気づくってことがきっと大切で

一度立ち止まって考えながら

本当小さな一歩ずつでも進んでいるんだろうなって

最初の距離はとてもとても短くても

慣れてきたらどんどん進んでいけるように

そんな日々にしたいな、と

すごく前向きじゃないかなんて思ってたりします。

 

-----------------------

 

もう3月になってしまったのだけども

バンドが休止して1年が経ちましたね。

もちろん忘れていたわけではなく

ただ淡々と受け止めていました。

1年はやいなって。

 

今でもコピーしてくれてる方がいることを知って

すごく嬉しくなったり

演奏されなくなった曲たちが演奏してもらえて

嬉しいんじゃないかなって思っています。

 

覚えていてくれてありがとう。

 

------------------------

 

最近は暖かくなってきて

ついついたくさん寝ちゃうし

晴れてる日のお散歩は最高だなって思うし

ちょっと春が来たことへの喜びを感じてます。

 

花粉症にならないことを願うしかない・・・。

 

 

2017

  • 2017.12.31 Sunday
  • 05:50

お久しぶりです。

年末に毎年一年を振り返るということをしているのだけど

気づけばもう1日もないんだね、2017年。

 

以前更新していたブログを見つけて、新しいのにしようかなって思ったんだけども

とりあえずはこちらに更新してみようかな、と。

 

長いよ。多分。

------------

 

振り返ってみるとたくさんいろんなことがあったけど

2017年は一言でまとめるならば

「おわりとはじまり」なのかなとおもう。

そんな感じのタイトルの曲あったね。

 

2010年にaquarifaというバンドに入って

2017年、その活動におやすみ期間を設け

新しくCuonという活動を始めました。

 

新しい活動への前向きな気持ちはもちろんあったのだけど

自分の中で思っていた以上にバンドという存在は大きかったのかなとおもいます。

些細な言葉に傷ついたり、人目を気にしたり

休止した直後は誰にも会いたくなかったし、ライブというものから避けていて

誰かにあってもどんな顔をすればいいのかわからなくて

正直に言ってしまえばバンドなんて糞食らえとも思ってました。

学生の頃からずっと思い描いてきた理想のバンド像とは

今はあまりにも違っていて、その差にショックだったんだろうなって思います。

でもそうなってしまったのも自分のせいだなぁ、なんて思いながら

バンドを休止してしまったことも自分の至らない点が多すぎての結果だと思いました。

 

そのことをとある人にポロっといってしまったことがあって

個人的には「あぁこんなこと言っちゃいけないことだなぁ」と反省していたのですが

その人には

「自分のせいだって思うようなバンドはやらなくていい」と言われました。

 

本人は覚えていないだろうなと思うけど

その言葉はその時の自分にとってはとても救われるような一言で

「そんなことないよ」という言葉ともまた違うような

「やったれよ」みたいな、すごく励まされたんだよね。

 

そこからは必死にみんなの記憶の中に残ることを考えてました。

イワタは生きていますよ〜

ちゃんと歌を歌っていますよ〜

って。

 

本当はCDができてから活動を始めればよかったのにね。

ライブだけでも!って急ぎ足で曲を作って

6月にはなんとか初ライブをすることができて

10月には念願のCDを出すことができました。

 

初めてCuon名義でCDを出そうってなって

出すまでの過程は本当に大変だったけども

本当に色んな方に助けてもらいました。

助けてもらいすぎて嫌われるんじゃないかと思ったよ。

 

今年はねaquarifaのイワタマチではあるんだけども

ただの1人の人間のイワタマチとして接してくれる人に恵まれた一年で

対 人として話せてる時間を実感できた一年でした。 

 

今までのつながりだって大切にしたい。

だからCuonでの初めてのリリースツアーはそのつながりを重視した内容にしました。

ここからはあたらしいつながりも大切にしていきたい。

2018年はまた新しく色んなことを考えています。

だから振り返りながらもあれもこれもやりたいなってワクワクしてる気持ちもたくさんです。

 

だから、といってはあれなのだけど

aquarifaをまたスタートさせるのには

多分気持ち的にも音楽的にもまだまだ時間が必要かなって思います。

ごめんなさい。

 

わたしはいま自分のやりたいことを形にすることで必死で

不器用ながらに少しずつ進んでいる途中なんだなって思います。

 

それを見守っててほしいななんて贅沢なことはいわないから

気になった時に見てくれたらなと思うよ。

 

2017年は挑戦した年。

たくさん人と話してたくさん学んだ年。

自分のちっぽけさも感じたし、苦しいなって思ったこともあったけど

だからこそかけた曲があって

ないものねだりで憧れてばっかりで理想とはかけ離れた今を過ごしているかもしれないけれど

それでも誰かに必要とされたくて必死にもがいています。

そんな気持ちを「ファンファーレ」という曲にこめました。

等身大と呼ぶには幼い発想なのかもしれないけれど

きっとこういう気持ちはしばらくは大人にはなってくれなさそうです。

 

永遠なんてどこにもないけども

こんな時間が続けばいいなって思える時間を

これから作り上げていけたら

それを見てくれてるあなたがいいなって思えてもらえたら

それはとても幸せなことだなと思うよ。

 

お疲れ様2017年

過ぎ去ってみるとあっという間すぎて年々怖いよ恐怖だよ。

2018年はもう少し健康的な生活をするのが目標だよ。

 

年末に卵を買ったら

うっかり落としちゃって6個中1個しか割れてないやつはなかったんだけども

相変わらずネタには尽きないなぁなんて思ってしまうくらいには

少しポジティブになったことをおしらせしておきます。

 

2018年もよろしくおねがいします◎

もしも、君に逢えたなら

  • 2017.02.27 Monday
  • 02:02

2017年2月20日 渋谷WWW

aquarifa無期限活動休止前ワンマンライブ

「もしも、君に逢えたなら」

 

 

出逢いにきてくださった皆様

本当にありがとうございました。

 

ライブが終わってから一週間が経とうとしていますが

正直なところまだすごい実感が湧いてきているわけでもなくて

頭では理解はしていても体や気持ちがついていけてないのかもしれません。

 

一度自分の気持ちに整理をつけるためにも

ブログを書こうと思ってパソコンの向かっているのでした。

 

--------------

 

 

WWWのステージから見えたみんなの顔は

とても優しい顔をして見守ってくれていたり

もう今にも泣き出しそうな人もいたり

いろんな表情で溢れていました。

 

そんな中で私は必死すぎて、自分のことばかり考えてしまって

届けようってするあまりなのか

空回っちゃってなのか

悔しい場面も沢山ありました。

自分でも自分がわからないくらいに

どうしよう、なんでここで。って気持ちと

絶対に最後まで歌い続けてやるんだ、このちきしょう。なんて気持ちで

ぐるぐるしてる頭の中でもやっぱみんなの顔を見ると

本当に支えてもらってるなって。

 

このまま諦めたくないって思えたのは本当にみんなのおかげです。

ありがとう。

 

最後の最後は泣いちゃったけど

あっという間の時間がとても愛しくて

つい「もう一回やろうよ」なんて言っちゃいました。

それくらい、まだまだもっともっとみんなの前で歌っていたかったです。

 

 

 

ライブって本当にバンドだけでは全然成り立たなくて

支えてくれるみんながいて

支えてくれるスタッフさんたちがいて

そうやって成り立っているものだと思います。

 

ワンマンの日も本当に多くの方に支えてもらいました。

名古屋、大阪場所もそう。

準備の段階から本当沢山支えてもらったんだ。

そうやって支えてくれる人がいないと自分は何もできないんじゃないかなって

思うくらいにお世話になりました。

本当にありがとうございました。

 

あとね

友達も沢山来てくれたんだ。

みんな忙しいのに、本当にありがとうございました。

少しお休みしちゃうけども、また絶対に逢えるって

いや、逢えるように頑張ろうって思いました。

 

今まで歌って来たことに嘘をついた覚えはないです。

結果として叶えられなかった言葉たちも沢山あるけど

気持ちに嘘をついて放ってきたわけではありません。

 

沢山みんなに支えてもらいました。

あの瞬間の目の前にあった景色は絶対に本物で

疑ってしまう心も、信じたくない言葉も

忘れてしまうくらいに、純粋な気持ちでいられました。

 

しばらくaquarifaはお休みになってしまうけれども

またイヤホンの中で、スピーカの中で

出逢いにきてくれたら嬉しいです。

「君が僕を忘れる前に」そんなタイトルをつけたのは

忘れてしまう前に、届けたい曲たちがあったから。

今回こうやってみんなのところに届けられたことを

とても幸せに思います。

 

 

またいつかどこかでお逢いできますように

これからも歌い続けてゆきます。

 

最後に

 

リンタロウさん 松川さん

とりっぴー 亀ちゃん

さぬん さかぶー

石崎さん

ふじなみ 奥山さん

藤川さん

ゆまさん

サイガくん あきよし

けんけん カッキー

アマゾン

 

渋谷WWWの皆さん

 

沢山支えてくれた関係者の皆様

沢山励ましてくれた友達

いつも応援してくれる家族

そして沢山力をくれたみんな

 

出逢ってくれて本当にありがとうございました。

またね。

 

 

 

Photo By 藤川正典

 

 

selected entries

categories

profile

search this site.

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM